龍のお茶会 ~出逢い編~を開催しました

BY IN セッション 龍のお茶会 ~出逢い編~を開催しました はコメントを受け付けていません。

icon_027.gif この記事は 2012年11月に書かれたものです。現在のエネルギーとは異なることがございますので、ご了承ください icon_027.gif  

こんにちは。
月と太陽のセラピスト るちあです♪

先週の土曜日に、龍のお茶会 ~出逢い編~を開催いたしました!

この日は、土曜日にもかかわらず、お申込みが1名様でした。
ですが、開催しないという選択肢は沸かず、これはきっと何か意味があるのだろうな~と、マンツーマンで開催することになりました。

おうちを出る時間も前もって調べていて、余裕で到着するはずだったのに、なぜか乗換駅で2本電車をやり過ごしました。
そして、3本目に乗ったときに、「あ、時間間違えてる!」と思ったのです。

そうです。
13:45から開始なので13:30からお部屋を予約していたにも関わらず、いつのまにか13:40を目標として設定していたのです(笑)

ま、仕方ないなー。大丈夫さっ!
と、思いながら、「今日は一体どんな方がいらっしゃるのかな?」と考えていると、ふいに「妹だよ」と、カイが言い出すではないですか!

え?妹!?

私、今までってどのワークショップでもセッションでも、少なからず出会う方とはご縁あるのが当たり前だと思っていたので、あまり、その先の「どんなご縁なのか」ということは考えた事がなかったんですよね。

で・す・が!

妹だといわれたら、知りたくなります。
電車の中で目を閉じて、過去生に行く気まんまんの私!

よしきたー!と、見はじめたところで、「神楽坂~。神楽坂~。」

のぉぉぉぉぉぉ~!電車を降りると、見はじめた景色のことまですっかり度忘れしてしまいました。

なんだこれー!と思いつつも、神楽坂でさらにおやつを用意し、レンタルサロンに向かっていると、ふと前を歩く人。

直感で「あ、あの方だな。」というのが分かりました。
そして、玄関でこんにちは。

るちあでっす♪初めまして♡

やっぱり、お顔を拝見すると、初めてお会いした気がしない♡

二人でそのままセミナールームに入り、自己紹介やら、おしゃべりをしながら、マンツーマンで開催することになった経緯をお話し、ついでに、「どうやら姉妹だったみたいなんですよ!」とカミングアウト。

ま、その先の情報を持ってなかったので、結局いい逃げみたいになりましたけど(笑)
判明したらメールします♪ということで、そのままワークショップ、スタート!

今回も、素敵な龍さんが登場してくれました。
そして、一人で瞑想をしても他の人のシェアがないとつまらない~!と思ったので、誘導しつつ、自分も瞑想。

村で遊んだり、改めて関係を聞いてみたり、楽しい発見のあったワークショップでした。

マンツーマンだと、シェアするのに使う時間が少ないから、時間余ってしまうかしら?なーんていう心配はまったくもって不要でした。

たっぷり2時間、龍の話全開でした。

そして、ワークショップは終了しました。
次回、目覚め編はペアワークがあるので、少し人数が集まったら開催しますね♪お楽しみに♡

そんなこんなでそのままになっていた妹との過去生が、本日判明しました♪

また、ふと、電車の中で思い出して、過去生につながってみたのですが、こんな感じでした。

場所は、日本。
時代は・・・原始よりは後だけど、衣服が布をかぶって縛った感じの茶色一色で足は裸足の時代です。
かやぶき屋根の村に私は家族で住んでいます。
年齢は、4歳か5歳くらい。
妹は1つ下くらい。
そして、生まれたばかりの弟がいました。

私と妹はとても仲がよく、いつも一緒に遊んでいたのですが、私たちには常に龍がついていました。
(ま、カイなんだけどw あ、なんで笑う?って言われました。すいません。)
そして、そのまま成長していくのですが、私と妹は神殿のようなところでお互いワンドを持って何かをしています。
妹は、癒し担当。私は具現化担当。

それを視ながら、「あー、龍のワンド、具現化用も作らないとならないのかー」と、やけに現実的なことを考えてました。

弟は父の後を継いで村を治めています。
でも、村の人全員が龍族という訳ではなく、私たち家族だけが龍族、みたいな。
しかも、他の人に龍は見えてない、みたいな感じでした。

穏やかで平和な過去生でした♪

なんかとっても心が温かくなりましたよ。

ブロックを外すとか、どうしても必要そうな過去生ではないから、見れないかもと思ったのですが、「見たい~!今見るべきではないって言うものでないなら、見せて!」とお願いして、見ちゃいましたよ、っと。

たまにはこういうのも、いいですね♡

ご参加いただいたKさん、どうもありがとうございました!
私たち、そんなことをしていましたよ(笑)

この投稿はコメントを受け付けていません。