見知らぬおじいちゃん♡

BY IN お散歩 見知らぬおじいちゃん♡ はコメントを受け付けていません。

icon_027.gif この記事は 2013年1月に書かれたものです。現在のエネルギーとは異なることがございますので、ご了承ください icon_027.gif  

こんばんは。

マジカルドラゴンセラピスト るちあです♪

今日は、見知らぬおじいちゃんのお話を。

私はほぼ毎日郵便局に行きます。
窓口の空いている時間、深夜窓口の時間、と、行く時間はさまざまですが、もう、かれこれ2年くらい通っているので、ほぼみなさん顔見知りです。

その日はちょっと早い時間に行きました。

24時間の窓口ではなく、通常窓口の開いている時間でした。
そこで、処理していただくのを待っていると、隣の窓口におじいちゃんが来ました。

おじいちゃんは、現金書留を送りたいとのことでしたが、その郵便料金を聞いて、窓口のお姉さんにこう言いました。

「本当にありがたいことですね。電車で届けに行ったら、時間もお金ももっとかかるのに、こうして届けていただけるんですからね。本当にありがとう。」

そして、さらに、わたしよりもずいぶん若いと思われる窓口の女性は、おじいちゃんにそういわれたときに、一歩下がって、

「恐れ入ります」

と、深々と頭を下げました。

そのおじいちゃんも、窓口の女性も、本当に「感謝」という波動を体中から発していて、そのエネルギーに触れた私は、隣の窓口で沸きあがってくる涙をこらえるのに必死でした。

そのエネルギーは、窓口に伝染したようで、私の対応をしてくださっている女性も、口元をほころばせて、とても嬉しそうでした。

みんながこういう「感謝」や「愛」を普通に表現できるようになったら、地球はとても素敵な惑星になるんだろうな・・・そう思ったら、なんだかとても幸せな気持ちになりました。

窓口の女性は、私も何度も対応していただいている方で、毎回とても丁寧で気持ちがいい対応をしてくださいます。
でも、今日、その、一歩引いて頭を下げた姿を見たときは、なにか、神々しいものを感じました。

郵便局にもいろいろな人が来ます。

窓口で、係の人を怒鳴りつけている人もいます。
窓口の人に対して、びっくりするほど上からな人もいます。

でも、おじいちゃんの言うとおりなんですよね。
私たちの代わりに、気持ちを届けてくれている。

とてもありがたいことです。

それを、改めて感じ、また、日々のルーチンワークのようになりつつあった自分への戒めにもなりました。
もちろん、毎回感謝をして窓口を訪れてはいますが、おじいちゃんのその「感謝」との違いを見た気がしたのです。

今でもこの出来事を思い出すと、涙が浮かんできます。
あたたかい涙です。
とても幸せな気持ちです。

今のところ、それっきりそのおじいさんを見かけることはありませんが、思い出すたびに幸せな気持ちになります。

人間ってすごい。

そう思った出来事でした。

この投稿はコメントを受け付けていません。