時間とは、つまり

BY IN スピリチュアル 時間とは、つまり はコメントを受け付けていません。

icon_027.gif この記事は 2015年7月に書かれたものです。現在のエネルギーとは異なることがございますので、ご了承ください icon_027.gif  

おはようございます。

るちあです♪

 

まずは、『カードリーディング・チャネリング練習会』と『cafe’ de るちあ』が満員となりましたご連絡から。

どうもありがとうございます♡

 

そして、先日プチ告知した『The Wisdom of New Avalon』ですが、正式告知まで待てない!という方は、どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませね。

 

 

今日は、時間を操る話を書こうかな、と思います。

昨日、おとといと、時間に関する実験をしておりまして。

 

前に、メルマガで、「意図するだけで時間は変えられる」というお話をしたのですが、その検証を、思いついたときにしています。

 

一応、条件としては、「忙しいとき」は避けます。そうしないと、忙しくてあっという間に感じてるのかどうかわからなくなるからです。

お勧めは、同じことをやっている日で比べるということ。

たとえば、お勤めの方はデスクワークが多い日に。

おうちにいる方は、特別な用事がない日に。

要するに、「いつも通りの日」を選択するのが大事です。

 

そんな中、まず手始めに、おとといは「今日は4倍速。」と意図をしました。

4倍速だから、1日の体感時間は6時間ほどですねw

もちろん、あっという間に一日が過ぎていきます。

実験結果には、まあ、満足♪

 

そして、次の日は「今日は5倍速。」と意図をします。

割り切れないけど、体感時間は5時間弱。

もう、こうなるとね。何してたっけ?ってなります(笑)

 

まあ、そんなこんなで、意図することで時間を簡単に操ることができるようになることはほぼ確認できたのですが、皆さんが試すためには注意する点が一つあります。

それは・・・ちょこちょこ時計を見ないこと。

時計を見る=1日24時間のリズムにリセットする ということになるので。

 

私は腕時計はもちろんしておらず、基本日々の生活で時計を確認することがほぼありません。

チラリと見ることはありますよ?自分の現在地を知るために。

ですが、「あとどのくらいで○○」というものさしに使うために見ることはほぼ、ない。

 

ただし、どなたかと約束がある時は、例外で、1日24時間の周波数に自分を合わせます。

そうしないと、相手に会えないからね(笑)

ああ、あと、講座のときも。

時間合わせないと、受講者さんに会えないし、サロン借りれなくなってしまうので(笑)

 

こんな私ですが、昔は本当に時間に厳しかったんです。

だから、今、分刻みのスケジュールで動けと言われても、無理です♪

 

よく、「時間は幻想」と言われますが、ワタシ的には、どちらかというと、幻想ではなく「時間、つまり、それは自分」なんですよね。

 

その時間の周波数で生きていると、私はとっても楽だし、楽しい。

ただ、それだけです。

 

もちろん時間厳守のお仕事をされてる方もたくさんいらっしゃると思いますので、無理やり変える必要はないと思います。

ですが、そこから解放された自分だけの時間のときは、「時」を自分の周波数に合わせてみると、より宇宙に同化した自分を発見することができますよ♪

 

 

いつもの駅まで、歩いて○○分。

早くつくときもあれば、遅くつくときもあります。

ゆっくり歩く人について歩けば、自然と歩は遅くなるし、早歩きの人について歩けば、歩ははやくなる。

マラソンでも同じようなことが起こりますよね。(やりませんし、見ませんがw)

 

だけど、それは他人に引っ張られているのではなく、自分で自分の波長・リズムを決めているだけにすぎません。

だからこそ、時間というのは自分で操ることができるのです。

 

今夜はのんびりたっぷり時間を使いたい、と意図して好きなことをたくさんするのもよし。

寝る前に、十分すぎるほど眠る、と意図して眠るのもよし。

残念ながら、映画やテレビ番組のように、1日24時間の波長に合わせて作られたものを見る長さは、変えられません。

自分の波長をどこに合わせるのか。

それを意識しながら過ごしていただくと、より、自分に優しい時間の使い方ができるようになりますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿はコメントを受け付けていません。