何かに頼るという事

BY IN スピリチュアル 何かに頼るという事 はコメントを受け付けていません。

icon_027.gif この記事は 2016年2月に書かれたものです。現在のエネルギーとは異なることがございますので、ご了承ください icon_027.gif  

こんにちは。

るちあです♪

 

今日も東京はいい天気!風が強いけどね♪

こんな日は、カフェラテ片手にお散歩!(いつもですけどーicon_184.gif

 

さて、これを読んでいる皆さんの中で、次のものを使ったことがある方。もしくは、使っている方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

・フラワーエッセンス
・アンシェントメモリーオイル
・アロマオイル
・ペンジュラム
・なにかしらのアチューンメント

まあ、スピリチュアルなことに興味があれば、最低でも一つくらいはやったことがあるかもしれませんね。

私は別に、これらを使うことについてはまったくもって否定はしませんicon_182.gif

現に、私自身も、たまに楽しんでますから。

ですが、「依存をしている」のであれば、それは本来の使い方ではありませんよ、とお伝えしたくて、今日のブログを書いております。

 

「これがないと不安」「使わないと心配」「これを使っていれば大丈夫!」

もし、このような状態になっているのであれば、完全に依存している状態だと思ってください。

 

ここではモノの例を挙げましたが、人でも同じです。

・ヒーラーさん
・セラピストさん
・チャネラーさん
・占い師さん
・霊能者さん

何かあるたびにこれらの人のところに行っている人も、同じです。

初めてその人を訪れてから1年以上通い続けている場合。

それも完全に依存している状態です。

 

・たまたま思い出して連絡した
・なんか楽しそうなワークショップだったから参加した
・今はもう相談することはないけれど、近況報告をしている
・単なる友人関係として続いている

というのは全く問題ありません。

 

 

大事なのは、自立しているか否か、ということ。

 

いつまでも何かや誰かに依存している状態というのは、つまりは「自分の世界」を他者に委ねているということで、魂的には最も無責任な生き方です。

 

少しだけ助けてもらう。ちょっとサポートしてほしい。のであれば、いいんです。

ですが、それがいつの間にか依存に変わる。

 

フラワーエッセンスを飲んだからと言って、何かが変わるのか。

アンシェントメモリーオイルを塗ったからと言って、何かが変わるのか。

変わらないんですよ。依存してるうちは。

 

「変わりました!」と胸を張って言える人。

あなたを変えたのは、それらの物や人ではありません。

自分が、自分の意志で変えたいと思ったから、それらの物や人のサポートを味方に、変わることができたんです。

彼らは助けてくれただけ。それはとってもありがたいことではあるけれど、「変えてもらった」のではなく「自らが変わりたいと意図し、変わった」のだということに気付いてください。

 

ほら。もう、いらないですよね?

毎日飲んでいるあれもこれも、数か月に一度通っているあの人も。

感謝の気持ちとともに、お別れをする時が来ているのかもしれませんよ。

 

「背中を押してくれて、ありがとう。これからは自分だけで大丈夫。」

 

私がセラピストをしていた時は、こう言ってもらうのがなによりも嬉しいことでしたよ♪

 

まだまだ依存していたい人。

そう言う人に、これ以上、どうこう言うつもりはありません。

ご自分の人生です。委ねっぱなしがラクちんなのであれば、そうしていればいいんです。

ただし、それは無責任なことなんだということだけは、ちゃんと覚えておいてくださいね。

 

楽しく生きていきたいなら、自立は必須。

なんだろな?

誰かに頼って生きている方が楽しそうに見えるのかもしれません。

だけど、私は「自立して生きていった方が断然楽しいよ!」って、胸を張って言えます。

 

 

さあ、みなさんも、自立した世界へ☆

 

 

 

 

この投稿はコメントを受け付けていません。