自分は何者なのか

BY IN スピリチュアル 自分は何者なのか はコメントを受け付けていません。

icon_027.gif この記事は 2016年2月に書かれたものです。現在のエネルギーとは異なることがございますので、ご了承ください icon_027.gif  

こんにちは。
るちあです♪

先日アメブロからブログへのリンクをやめました。
それにより、Twitterでの自動投稿も終了しますので、
すでにFBも辞めている私は、この春めでたくSNSを卒業することになりました!icon_079.gif

辞めてしばらくたって思うのは、「なくても全然いいじゃんw」ということ。
辞める前は、「でもー、結構大事な情報とかもあるからさー」と言っていたんですよ。だけど、辞めてみたら、あちこちにエネルギーを振り回されなくてとってもラクちん。

辞めてよかった!icon_184.gif

 

とはいえ、いろいろな理由で続けている人もいると思いますので、これは別に「やめたほうがいいですよ」という提言ではないです、ということだけお伝えしておきますね。

私は、辞めてよかった。というだけのこと。

 

さて、本題に戻りましょう。

数年前~昨年くらいまでの間、ブループリント、自分の使命を知りたいという人がたくさんいたことを記憶しています。

「自分はいったい何者なんだろう」「自分はどうして今世生まれてきたのだろう」ということが気になる方、たくさんいましたよね。

私も、スピリチュアルに入りたての頃は、そんなことで頭がいっぱいだったこともありました。

もう、8年も前のことになります。まあ、今ではそんなことはどうでもよくなっちゃいましたけど。

さて、「自分はいったい何者なんだろう」と考えるときに、自分の心の底にはどういう欲求があるかというのは考えてみたことがありますか?

なぜ、そんなことを知りたいのか。私はどうだったんだろう?というのを、ハイヤーセルフと話してみました。

すると、結構面白い事実が浮かび上がってきたので、今日、ブログに書いています。

 

まあ、第一声は、

「自分が生きていく理由を見つけたいとか、そういうことじゃなくて、他人との差別化を図りたかったんだよね(笑)」

というもの(笑)

 

 

それはね、スピリチュアルに入ってから数年で気付きましたよ。自分でも。

結局、スピリチュアルな世界に入る → 目に見えないものがわかり始める → 私、すごくない!? → 誰かを助けてあげたくなる(余計なお世話w) → 私にはきっと大きな使命があるに違いない!!

ってね。なるわけです!

 

わー、書いててちょっと笑っちゃったんですけど、ガッチガチ&どっぷり3次元的思考ですね!

THE 人間!

二極化をもろに体験しながら、めいっぱい人間を楽しんでいたわけですね!

そんな私に、何気ない一言で「それはエゴだよ」ということに気付かせてくれたのは、他でもない龍族の長老だったのです。

本当に何気ない一言。

きつくもなく、叱るでもなく、本当にのんびりとゆったりとした口調で。

 

あれからもう何年経つのかな。5~6年でしょうか?

私が傾きそうになるたびに、長老の言葉を思い出したものです。ちゃんと言ってくれる人がいるというのは、ありがたいことですねicon_182.gif

と、脱線しましたが、何が言いたいかというと、

 

「自分はいったい何者なんだろう」

 

ということを考えているうちは、または、

 

「自分はこういう者です」

 

と言っているうちは、まだまだエゴ寄りなんだということです。

 

自己紹介として「こういう者です」と言うのは、全く問題ないと思います。
まあ、度合いの問題ですよねー。しつこい、って思うくらいになると、そこに執着を感じてしまい、私はその方からは離れますけど(笑)

最近SNS辞めたので新しい人と会わないから、そういうこともないですけど。

 

「自分は何者か」と思うのは、結局は「他人の目を気にしている」に他ならないんです。

「私は私」「自分は自分」「何者でもなく、私」こう思っているのならば、自分は何者かだなんて、考えもしないんです。

 

もっと言えば、「自分は何者か」も、「人から私は何者だと思われているのか」も、所詮は同じレベルです。

人の目なんか気にしていない、というのであれば、「自分は何者か」なんて、どうでもいいことなんです。

 

「自分は何者か」というのを哲学的な視点で見ているのなら、ちょっと話は変わるかもしれませんけど(笑)

 

今、「自分は何者なのか」「自分の使命はなんなのか」というのを、哲学的な視点以外で見ている方。

もっとゆるく考えて?

 

「今、私は私を楽しんでいるか?」

 

楽しいほうの道はそっちですよ。

 

この投稿はコメントを受け付けていません。