これからの勇者たちへ

BY IN スピリチュアル これからの勇者たちへ はコメントを受け付けていません。

icon_027.gif この記事は 2016年3月に書かれたものです。現在のエネルギーとは異なることがございますので、ご了承ください icon_027.gif  

こんにちは。

るちあです♪

書こうと思ったときにPCに向かわないと、一生お蔵入りになるので、この週末はなるべく書くように努めますよ、っと。

 

本日は春分の日。

日に日に日没が遅くなり、日の出が早くなるのを感じながら、今か今かと春を待ちわびていますが、そんな待ちわびている時間もいいものですよね♡

 

さて、表題の「これからの勇者たちへ」ですが、ここ最近、よく口にしている言葉なんです。

一体、どういった方たちに言っていると思いますか?

それは・・・

 

これからヒーラーやチャネラーになろうと思っている人たち

 

に向けて、なんですね。

 

ん?なんでヒーラーやチャネラーが勇者?と思います?

思いますよね?

私からそう言われた皆さんも、言われた瞬間、ナンデ?という反応をなさいます。

 

最近、私の周りには、「これからチャネリングを使ったセラピーを始めたい」とか「これからヒーラーとしてやっていきたい」という方がたくさんいらっしゃいます。

そんな皆さんに、私が最初に口にするのは、

 

「すごいですね。勇者ですね。」

 

という言葉。

 

そして、その言葉にハテナ?という反応をなさる皆様に次に伝えるのが、

 

「だって、今からそういうお仕事をしていくということは、4次元までの地球で頑張るという決意の表れですよね?」

 

ということ。

 

5次元以上の地球をメインベースとして活動するのであれば、そういったお仕事は必要なくなるはず。

ということは、『まだまだ癒しを必要とする人』が存在する世界で、その人たちを癒していくという事。

そして、人を癒すということは、自分を癒すという事であり、自分もまだまだ癒す必要がある部分を抱えて生きていくということをお伝えしています。

 

すると、ほとんどの皆さんが、「そんなこと(癒しが必要な次元に残る)思ってもみなかった!!」となるわけですね。

 

 

ただね、私もそこに加えてお伝えしていることがあります。

それは、

 

「でも、ご自身でやりたいと思うなら、やってもいいんですよ。」

 

ということ。

別に、私は正直皆さんがどの次元に行こうがかまわないわけで、もっと言ったら、私自身、どの次元でもいいと思っています。

最近は、そう、本当に「次元」に対する興味がないというか、なんというか、自分が楽しいと思えるならそれでいいじゃん、(=楽しくないことはしない)という気持ちだけです。

だけど、今の時点でセラピストをしている以上、お伝えしなくてはならないということは割り切ってお伝えするようにしています。

 

私からは必要な情報を差し上げますよ。それを聞いてどうするかは、ご自分で決めてくださいね。

 

これは、セラピストを始めた当初からブレずに実践していることです。

 

「どうしたらいいんでしょう?」

と聞かれる方も多いですが、答えは一貫して、

「やりたいようにしたらいいんですよ。」

です。

 

やってみて、もういいやと思ったらやめればいいし、やるのが怖くなったのならやらなければいい。
だけど、「やりたい」と思ったのには理由があって、そこを無視するのではなく、納得する形で消化しないかぎり、また、いつかやりたくなったり、やらなかったことを後悔するかもしれませんよ。
だからこそ、自分自身としっかり向き合って、自分が本当はどうしたいのかを理解してください。

 

これがすべてです。

 

今、このブログを読んでくださっている方のなかにも、いわゆる「スピリチュアルな世界のお仕事」をしたいと思っている方もいらっしゃることでしょう。

そう言う方も、もれなくご自分が「勇者の一人」であるということを認識して、今後進む道を考えていただけたらいいな、と思います。

 

ただし、考えるなら、今ですよ。

私がこうしてブログに書いているのも、そう言う方が大勢私の周りに現れるのも、すべては必然。

半年後にようやく現実と向かい合って・・・というのでは、遅すぎますから。

今です。

気になるのであれば、今すぐ、ご自分と向き合ってみてくださいね。

 

勇者として、困難に立ち向かっていく自分を選ぶのか、否か。

 

ま、さっきも書きましたけど、私はどっちでも好きな方を選んだらいいんじゃない?と思いますけどね(笑)

 

え、私?

私はドSでドMですけど、困難に立ち向かうのは遠慮させてもらって、楽しいだけの世界に行きたいですけどね。

 

この投稿はコメントを受け付けていません。