時を担う者

BY IN 13の月の暦 時を担う者 はコメントを受け付けていません。

icon_027.gif この記事は 2016年6月に書かれたものです。現在のエネルギーとは異なることがございますので、ご了承ください icon_027.gif  

こんにちはー。

るちあですー♪

 

さてさて、今日から13の月の暦最終月である『宇宙の月』が始まりました!

『私の歓びと愛をどのように拡げるのか』というのが今月のテーマです。みなさんもぜひ意識してみてくださいね。

私は・・・そうだなあ、どうかなあ?

先月は、いろいろと取捨選択をさせられた一か月でしたね。

不要なもの、こと、人間関係(親子間のしがらみを含む)などなどをすっきりさっぱり整理した気がします。

と言っても、「さて、やるぞ。」と言ってやったわけではなく、振り返ってみたら身軽になってたっていうだけですけどね。

 

今月は自分のKINバースデーもあるし、ますます楽しいことが起こりそうな気配があちこちに散らばっているので、それが具現化してくるのを楽しみにしています♡

 

そして、KIN260のサイクル終了までもあとほぼ2か月。

偶然か否か・・・大きなエネルギーの変化が起こると言われている9月と重なりますね。(まあ、偶然じゃないですけどw)

残りの2か月、皆さんそれぞれ悔いのないように進んでいただければと思います。

「キラキラ」や「ワクワク」と言ったスピリチュアルワードによる心理的圧迫に疲れてしまっている人は、この機会に一度「スピリチュアル」な呪縛から離れ、本来の自分を取り戻す最後のチャンスかもしれませんよ。

本来の自分こそが、本当のスピリチュアルなんですから。

立ち止まることも大事、です。

 

まあ、その話はまた今度。

 

13の月の暦に戻ります。

先日のお茶会が自分の中でかなり面白かったので、今後はこれを続けていこうかな~と思ったりしています。

とはいえ、13の月の暦についての「講座」をする気は毛頭なくて、(専門の方のところにどうぞ♪)

・13の月の暦入門のお茶会(この前みたいなやつね)
・13の月の暦を使っている人同士での交流会(cafe’ de るちあ的な)

を、ゆるーくやっていこうかな、と思っています。

そうすることでどんどんシンクロを紡ぎだしていけたらいいな、と。

 

もう何年前かな?

2年くらい前から、「時の番人」「クロノス」「時を担う者」というワードをガンガン放り込まれていたことに最近ようやく気付きまして。

ああ、そっか。これからはそっちなのね、と我に返った次第でございます。

ちなみに、タイトルの「時を担う者」というのは、私だけを指しているわけではなく、みなさん一人ひとりが皆さん自身の時を担っているのですよ、という意味です。

 

時間は幻想、といいますが、

 

自分の時間は自分で管理・創造ができるものです。

 

で、冒頭に戻って、『私の歓びと愛をどのように拡げるのか』というキーワードですが、先日のお茶会のあと、自分の中に「もっと13の月の暦を使っていろんなことをしたい!」という気持ちが湧き上がってきたのです。

で、私の歓びと愛を広げる、その第一歩として、13の月の暦の中にある様々なリズムとそれによるシンクロを体験していける機会を提供したいなと思っております。

 

「時」を担う人たちと一緒に、楽しく「時」を過ごしながら、たくさんのシンクロを体験していきたいと思います☆

 

ちなみに・・・

来年の手帳は、こんな感じになりました♡

13moon3rd

 

詳細は近日中にアップいたしますので、気になる方はどうぞまたブログに遊びに来てくださいねー♪

 

 

ではでは。

この投稿はコメントを受け付けていません。