楽しそうな人とそうでない人

BY IN スピリチュアル 楽しそうな人とそうでない人 はコメントを受け付けていません。

icon_027.gif この記事は 2016年7月に書かれたものです。現在のエネルギーとは異なることがございますので、ご了承ください icon_027.gif  

こんにちは。

るちあです♪

 

先日のマイKINバースデーではミラクルの連続で相当楽しい一日を過ごさせていただきましたが、まだまだその恩恵は続いているようで、毎日、目が覚めると1日が楽しみで仕方ありませんw

 

「楽しそうな人とそうでない人の違いはなんなんですかね?」

 

先日、フと、そんなことを聞かれました。

 

それに対する私の答えは、

 

「楽しみたい人とそうでない人の違いじゃない?」

 

でした。

聞いた本人はハテナ?って顔をしてましたけど、私はそれがすべてだと思っています。

 

どこに意識を向けるか、っていうだけの話なんですよ。

誰にでも起こり得ること、だけど、誰もがキャッチしているとは限らないこと。

 

感じること、観じることにチャンネルを合わせておくと、アンテナの感度はどんどんアップしていきます。

皆さんは普段、どんなことにチャンネルを合わせていますか?

自分や自分以外の人に対して、「いいところ」を見つけようというアンテナを使っていますか?

あの人のあそこがイヤ、あいつイラつく・・・

そんな風に、「いやなところ」にばかりアンテナを張っていたりはしませんか?

「いやなところ」にばかりアンテナを張っていると、そっちの感度が上がるばかりで、「嬉しいこと」「楽しいこと」への感度はどんどん鈍くなっていってしまいます。

 

今一度、自分の1日を振り返ってみてください。

「今日は嫌なことばかりだった」という人は、「嫌なこと探し」が上手なだけ。

「今日はいいことばっかりだった!」という人は、「いいこと探し」が上手なだけ。

ただ、それだけのこと。

 

本来、HAPPYやミラクルって、日常のほんの些細なことでも感じることができると思うんです。

 

太陽の光が気持ちいいな。

朝立ち寄るカフェのバリスタさん、今日もいい笑顔だったな。

信号で止まることなく駅までこれたな。

 

本当にそんな些細なことも、私にとってはミラクルで、HAPPYなことなんです。

だけど、価値観は人それぞれ。

だから、上に書いたような出来事を「ミラクルとして感じなければならない」とか「HAPPYにならなきゃいけない」というわけではないんです。

 

いつの間にか、世間には、「スピリチュアルという名のもとの押し付け」が浸透しているように思います。

 

「スピリチュアル」という言葉は、もともと「物質的な」の対義語としての「霊的な」というところだと思いますが、それは、より簡単に表現すると、「心(ハート)が」ということだと思います。

 

HAPPYもミラクルも、自分自身のハートで感じ、認識するもの。

誰かに強制されるようなことではないんです。

 

ここまで書いたら、前にも同じようなことを書いたような気がしてきましたが(笑)、今日また書きたくなったということは、必要などなたかに届けるためなのかもしれませんね♪

 

最近の我が家では、オットが目の前でいろんな次元を行き来しているのを目の当たりにします。

多次元を意識していないオットですら、自然とそうなっているということは、地球上でもたくさんの方たちが変化の過程にあるのでは?と思います。

見ててとっても楽しいですよ(笑)

 

今日のブログを読んでピンときた方は、ぜひ、アンテナの向いてる先を改めて見極め、自分が楽しくて嬉しいほうにチャンネル合わせをしてみてくださいね♪

 

 

・・・と、ここでお知らせ。

コズミックアクティベーションの13の月の暦グループは満席となりました。

ウェルカムパーティ、ツォルキンは残席1名様となっております。

楽しそう!と思われた方は、お早めにどうぞ♪

 

 

 

この投稿はコメントを受け付けていません。